リサイクル

リサイクル品目
問題点
よくある質門
豆知識
自動車リサイクル法

 

 

       自動車リサイクル法

○自動車リサイクル法とは?

自動車メーカーを含めて自動車のリサイクルに携わる関係者に適正な役割を担っていただくことによって、使用済自動車の積極的なリサイクル・適正処理を行うものです。中古トラックもそれに含まれています。

○対象となる自動車は?

以下の車両を除く全ての自動車が対象となります。

対象外となる自動車
  • 被けん引車
  • 二輪車(原動機付自動車、側車付のものを含む)
  • 大型特殊自動車、小型特殊自動車
  • その他(スノーモービル等)

○自動車の所有者が行うことは?

[1] リサイクル料金のお支払い
[2] 使用済自動車の引取業者への引渡し
[1]リサイクル料金のお支払い
   自動車の所有者の皆様には、リサイクル料金をお支払いいただきます。
【注意】負担する自動車の所有者は、自動車検査証記載の所有者と一致しない場合もあります。ローン販売の時は自動車検査証記載の使用者がリサイクル料金の負担者となります。
[2]引取業者への引渡し
  • 使用済となった自動車は都道府県知事又は保健所設置市の登録を受けた引取業者に引き渡すことが必要です。
  • その際、引取証明書が発行されますので、必ず受け取り中身を確認してください。

○リサイクル料金はいつどこで支払うの

[1] 新車 :購入時 →  新車販売店等
[2] 平成16年までに購入した車 :最初の車検時まで → 整備業者(※)
車検場の専用端末
[3] 車検前に廃車する車 :廃車時 →  引取業者(※)
※コンビニを利用する場合もあります。
【注意】
  • 一つの車に対して原則一回支払っていただくことになります。
  • 平成20年1月31日をもって、継続検査時のリサイクル料金の   預託は終了します。

 

              

 

○払っていなかったらどうする?

2005年1月以降の新車購入者は自動車ディーラーにその費用を預ける形になっていますが、それ以前からクルマを所有している場合は、2005年1月以降の車検時、もしくは廃車時にその費用を負担することになります。
このお金は一旦、国に預ける形をとっているので、下取りなどクルマを手放す際には元の所有者に戻ってきます。一時的に利用者が負担している、と考えればいいでしょう。
ただしそのまま廃車にした場合、処分費用として償却されるので戻ってくることはありません。

 

○いくらかかる?

「リサイクル料金」はクルマの重量やエアコン装備の有無、エアバッグの装備個数などにより異なりますが、だいたい1万円前後といわれています。
また「リサイクル料金」を支払った利用者には支払い金額などが明記された「リサイクル券」が発行されます。
下取りなどクルマを売買する際には、自動車の代金とは別に「リサイクル券」に明記された金額を授受することになります。
支払った「リサイクル料金」は一時的に預けているものです。「リサイクル券」はそのクルマに付帯した金券のような役割を果たすので、紛失せずに保管しておきましょう。

Valuable information

秋葉原にある脱毛サロンの人気ランキング

Last update:2017/9/15