リサイクル

リサイクル品目
問題点
よくある質門
豆知識
自動車リサイクル法

 

 

       質問

 

Q.

 

ごみに古紙・缶等の資源物は混ぜてはいけないの?

A.
ごみ(一般廃棄物)として収集するものは、原則として燃えるものです。古紙は燃えるものですが、リサイクルできる循環資源です焼却するよりリサイクルするほうが、コストを低く抑えることができます。何よりも、環境にやさしいことが社会全体にとって有益です。缶・ビンは、燃えませんので分別してください。分別していただいたものは別途回収いたします。

 

Q.

 

チラシは新聞に入れても良いのですか?

A.
平成11年秋、大手新聞社、大手製紙メーカーと古紙の問屋、古紙の回収業者、市民の代表及び、行政(7都県市=東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・横浜市・川崎市・千葉市)とでこの問題について話し合いました。リサイクルに協力する市民にわかりやすく、統一見解を出すことになり、「チラシは新聞と一緒に出す」ことに決まりました。それ以外の地域は最寄の市役所などにお聞きください。

 

Q.

 

資源の回収の日に雨が降っていたら濡れてしまうのに
出しても良いのですか?

A.
基本的には濡らしたくありません。しかし、ごみ減の為、リサイクルに協力しているのが現在の業者の立場。
雨の日でも回収するので出してもOKです。古紙でも新聞、雑誌などの水分を吸いやすい物の上には、水をはじくダンボールをかぶせるように置いてもらうとありがたいです。
(注意:ボロ布は濡れると色が染まる物もあります。ボロ布は雨の日は絶対にダメです。次回に回収します。)

 

Q.

 

本とか、電話帳は回収してくれないのですか?

A.
古紙の品名で「雑誌」というのは文庫本、単行本、大学ノート、電話帳などを含みます。雑誌として回収します。
(注意:布張りの表紙、バインダーなど、水に溶けない物は再生できません。)

 

Q.

 

包装紙とかワイシャツの箱はどうしたらよいのでしょうか?

A.
最近の分類では「雑誌」とされています。家庭から出る数枚から十数枚の物は、「雑誌」に混入して差し支えありません。
大量の場合やビニールコートした紙等は対象外です。
              

 

Q.

 

リサイクル可能な古紙って他にどんなものがありますか?

A.

ミックスペーパー(トイレットペーパーに再生)
禁忌品といわれるものが混入していても再生できる
(例:バックカーボン紙・窓付き封筒・感熱紙など)
但し、集団回収の場合は禁忌品は取り除いてください。

感熱紙
スーパーのレシート・家庭用ファックスの用紙・インクリボン不用のワープロ用紙
(ただし、トイレットペーパーを購入していただくことが引き取りの条件です。)
但し、集団回収の場合は回収できません。

電車の切符
(ただし、トイレットペーパーを購入していただくことが引き取りの条件です。)

アルミ箔の牛乳パック
ビニールコートした紙
ビニールが混じった茶紙の袋
(例:砂糖の業務用袋等)
但し、集団回収の場合は回収できません。

 

Q.

 

アルミ缶とスチール缶の見分け方は?

A.
 

必ず缶に印刷された表示を見てください。
同じメーカーの同じ飲料でも工場によって違う場合があります。
スチール缶でも手で簡単につぶれるものがあるので要注意です。
        スチール缶リサイクル

 

Q.

 

プラスチックの容器包装だけど、マークが見当たらないものはどうしたらいいですか?

A.
 

ドレッシングのふたなど、本体と分離してしまう構造の容器は、本体のみにマークがついていることが多いので表示の確認をお願いします。

 また、プラスチック製の容器包装でも、マークの表示が難しい素材などについては表示が免除されていたり、業務用のものや、商品と一体となっていると判断される容器(CDケースなど)はリサイクルの対象外とされています。

 お手数ですが、区でお配りしている「ごみの正しい分け方・出し方」や関連リンクの「新しい分別方法の詳細」などで確認をしていただいた上で、

マークの見当たらないもの、判断に迷うものは「燃やすごみ」でお出しください。

最終更新日:2014/9/25